個人的なランニング日誌です。生活や自然、歴史なども紹介いたします。
by totsutaki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
ランニング
ルーヴェン
自転車
食べ物
暮らし
ベルギー
ビール
その他
未分類
以前の記事
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
お気に入りブログ
Be There Soon
淀川ランニングライフ
自省録
ライフログ
最新のトラックバック
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


背教者ユリアヌス

【走った距離】  14.38km
【今月の累積距離】  245.21km
【天気】 晴れ時々雨、小雪 
【気温】 最高 4℃、最低 -3℃
【体重】 66.8kg
【コース】
会社の人と帰宅ランニング
f0199449_6505197.jpg


【コメント】
ユリアヌスは3世紀のローマ皇帝

6歳のときに伯父の皇帝コンスタンティウス2世によって
家族全員を殺害されるが、
ユリアヌス自身は免れ、
20歳まで幽閉される

24歳のとき失政により危機状態となった
コンスタンティウス2世によって
突然副帝に任命される
内戦で戦力低下し、蛮族(ゲルマン民族)の
闊歩する冬のガリアに身一つで放り込まれる

翌春ユリアヌスは少ない兵力にもかかわらず
積極戦法を採り、
アレマンノ族が徘徊するガリアを
ランスから廃墟と化したケルンまで進軍する
翌年には絶体絶命の危機の中、
ストラスブールで3倍の兵力のアレマンノ族に完勝する
本拠をパリに移して4年間にわたってライン川以東に侵攻し、
ゲルマン民族をガリアから放逐することに成功する

その後正帝コンスタンティウス2世と対立するが
正帝の死によって皇帝に就任
首都コンスタンティノープルの宮廷の改革を図る
しかしササン朝ペルシャ遠征中に負傷し31歳で没する
キリスト教の優遇を見直したため背教者と呼ばれる

塩野七生さんの「ローマ人の物語」を再読中だが
最近はこのユリアヌスやスティリコのような
ローマ帝国末期に尽力し道半ばで倒れた人物に惹かれる

有り難いことはローマ人の物語の舞台を訪れ、
その時代の人々に思いを馳せることができること

ランス
f0199449_6414637.jpg


ケルン
f0199449_642484.jpg


パリ
f0199449_6422124.jpg


コンスタンティノープル
f0199449_6423621.jpg



[PR]
by totsutaki | 2011-01-27 06:42 | ランニング
<< となりが工事(最終回) 日本の立ち位置 >>