個人的なランニング日誌です。生活や自然、歴史なども紹介いたします。
by totsutaki
カテゴリ
全体
ランニング
ルーヴェン
自転車
食べ物
暮らし
ベルギー
ビール
その他
未分類
以前の記事
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
お気に入りブログ
Be There Soon
淀川ランニングライフ
自省録
ライフログ
最新のトラックバック
検索
タグ
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


アンダルシア9 アンダルシアの食事

【走った距離】  5.8km
【今月の累積距離】  33.14km
【天気】 晴れ 
【気温】 最高 2℃、最低 0℃
【体重】 65.9kg
【コース】
会社まで最短
【コメント】
今回のアンダルシア旅行で食べた料理

1日目 セビリア
昼食

バル ゴンザロ
f0199449_6355129.jpg


タパス
チピロネス・エン・ス・ティンタ(イカ墨)
f0199449_6374416.jpg


モルシージャ 
ベルギーの黒ブータンと同じような豚の血入りソーセージ
ただしこちらは米や野菜が入り、
スパイスで生臭さが消されている
f0199449_6381285.jpg


腎臓のシェリー酒煮込み 
少し癖がある
f0199449_6392698.jpg


夕食

キオスコ・デ・ラス・フローレス
創業70年の老舗
セビリア名物ペスカードス・フリートス(魚のフライ)の専門店
盛り合わせを食べる
川沿いのテラスはさすがにセビリアでも寒かった
Marques de Caceres リオハの白ワイン 
すっきりした辛口 魚料理に合う
f0199449_6404269.jpg


2日目 

昼食 セビリア

バスステーションのバル

パタタス・アリオリ(ポテトサラダ)
シーフードサラダ
ビール
f0199449_6411956.jpg


夕食 グラナダ

タベルナ・サリナス
ホテルで美味しいレストランを教えてもらう
確かに美味しかった
f0199449_642980.jpg


f0199449_6423625.jpg


満席だったためテーブルが空くまで
バルで赤ワインを飲み、タパスを食べながら待つ
f0199449_6425595.jpg


ハモン・セラーノ 
グラナダ産生ハム
カルフールのハモン・セラーノとは別物
美味しい
f0199449_6432074.jpg


ラボ・デ・トロ 
雄牛(トロ)のテイル(ラボ)シチュー
コルドバの名物料理だが、
コルドバではゆっくりと食べる時間がないので
グラナダで食べた
柔らかい肉とゼラチン質は焼肉店のテイルスープと同じ
それを赤ワインで煮込んでいる
美味しい
f0199449_6434282.jpg


ワインはMUNANA グラナダ産の赤ワイン
香りはあまりないが、渋み、酸味のバランスがとれ、
しっかりとしている

3日目 グラナダ

昼食 アルハンブラ

時間がないのでパス
ただしアルハンブラ宮殿でビールは飲んだ
アルハンブラビール
f0199449_6441858.jpg


アグイラビール(銀鷲旗ビール)
銀鷲旗とは古代ローマ軍の軍団旗
古代ローマファンとしては飲まずに居れません
f0199449_6445712.jpg


夕食

2日目と同じくタベルナ・サリナス
2日連続で行ったら、ウェイターが気に入ってくれた

前日は肉料理だったので今日は魚

アフマド 
魚の燻製盛り合わせ
マグロ、タラの燻製は初めて
そのままで食べると少し塩味が強いが
甘酢味のソースをつけると美味しい
f0199449_6453639.jpg


ラペ エン サルサ ベルデ
あんこう(ラペ )のグリーンソース煮
アンコウのムニエルを魚貝スープでサッと煮立てた料理
美味しい
鳥肌立った
f0199449_6455835.jpg


ワイン リオハの赤ワインIZADI 美味しかったが魚には合わない
グラナダの白ワインCalvente Blanco 少し甘かった

4日目 大晦日

昼食 コルドバ

ロス・パティオス
f0199449_6471131.jpg


時間がないので
パエーリアとビール
f0199449_6473975.jpg


夕食 セビリア

1日目と同じ バル ゴンザロ

大晦日で閉店している店が多く
どの店も客があふれていたが運よくカウンターが確保できた

えびの塩茹で
f0199449_6481297.jpg


pulpo a la gallega'. 「タコのガリシア風」
茹でたタコとジャガイモをチリとパブリカで食べるタパス
f0199449_6483128.jpg


ワイン リオハの白ワイン 少し甘い

5日目 元旦 セビリア

昼食

ロブレス

ラボ・デ・トロ 
グラナダでも食べたがセビリアの闘牛場ツアーで
闘牛が見事だったら闘牛士はトロフィーとして牛の片耳をもらい、
さらに感動的だったらもう一方の耳をもらう
さらに卓越していたら牛の尾をもらうが、
ここ数十年尻尾を贈られた闘牛士はいないという話を聴き、
もう一度食べたくなった
f0199449_649447.jpg


ワイン
リオハの赤ワイン Montecillo
フランス人夫婦と新年の乾杯

夕食

昼食が美味しかったので
もう一度ロブレスに行く
ところが夜は予約しないとだめ
マドリードやボルドーと同じ
同系列のロブレス・タパスに行く
f0199449_6494911.jpg


冷たいタパス3種
サルビコン・デ・マリスコス(シーフードマリネ)
えび入りパタタス・アリオリ(ポテトサラダ)
アーティーチョークとスモークサーモン
f0199449_6501669.jpg


温かいタパス3種
イベリコ豚のソテー
マグロほほ肉のソテー
キノコのセゴビア風
キノコはベルギーでよくつくるメニュー
本場の味は隠し味が多く少し複雑
f0199449_6504454.jpg


ワインは昼と同じMontecillo

番外編

コルドバのアルカサルで収穫された?オレンジ
少し皮が厚く、水っぽく、酸っぱいが十分に美味しい
マーマレードには最適ではないか
グラナダのレストランで同席したスペイン人のマリアンに
なぜ街路樹のオレンジを食べないのかと尋ねたら
排気ガスや粉塵を浴びて有毒だからと言う説明だった
日本の近郊野菜や家庭菜園よりも安全に思えた
f0199449_6513758.jpg



アンダルシア編はこれで終了
f0199449_6521972.jpg



[PR]
by totsutaki | 2011-01-06 06:52 | 食べ物
<< 12月度の走行距離、カラダスキャン アンダルシア8 コルドバ >>