個人的なランニング日誌です。生活や自然、歴史なども紹介いたします。
by totsutaki
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
ランニング
ルーヴェン
自転車
食べ物
暮らし
ベルギー
ビール
その他
未分類
以前の記事
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
お気に入りブログ
Be There Soon
淀川ランニングライフ
自省録
ライフログ
最新のトラックバック
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ルーヴェンの通り9  ルーヴェンに関係のある人物

【走った距離】  5.8km
【今月の累積距離】  153.635km
【心拍数】 平均 135rpm、 最高 147rpm
【天気】 くもり 
【気温】 最高 16℃、最低 6℃
【体重】 66.0kg
【コース】
会社まで最短
【コメント】
今日はルーヴェンに関係の深い人物の名前がついた
通り、広場を紹介

1.ダミアン広場 Damiaanplein 
2.エラスムス広場 Erasmusplein 
3.フーバー広場 Hooverplein 
4.ラドゥッツ広場 Ladeuzeplein 
5.レオポルド1世通り Leopold I-straat 
6.ヴェサリウス通り Vesaliusstraat
7.デーリック・バウツ通り Dieric Boutslaan 
8.メルカトール歩道 Mercatorpad
f0199449_60869.jpg


1.ダミアン広場 Damiaanplein 

以前ブログで紹介したように
ルーヴェンカトリック大学で神学をまなぶ
ダミアン神父はベルギーのカトリック司祭
ハワイ州モロカイ島でハンセン病患者たちに生涯をささげ、
自らもハンセン病で命を落とした
カトリック教会の聖人で記念日は5月10日
f0199449_614185.jpg


2.エラスムス広場 Erasmusplein 

ロッテルダム出身の司祭、人文主義者、神学者。
「カトリック教会を批判した人文主義者」
『痴愚神礼讃』を著す
トーマス・マンと親交し、マルティン・ルターと論争する
ルーヴェンカトリック大学で教鞭をとる
f0199449_635021.jpg


f0199449_6172052.jpg


3.フーバー広場 Hooverplein 

第1次大戦中ドイツ軍によって焼き払われた図書館は
終戦後アメリカの義捐基金
およびドイツからの賠償金によって完全に再建されたが
当時のアメリカ合衆国の第31代大統領
ハーバート・クラーク・フーヴァー
の名前がつけられた
f0199449_6175455.jpg


f0199449_619399.jpg


4.ラドゥッツ広場 Ladeuzeplein 

もとはキアラ会女子修道院があった
18世紀末修道院は廃院となり広場がつくられた
当初はナポレオン広場とよばれたが、
その後人民の広場と改名された
さらにルーヴェンカトリック大学学長の名前をとって
ラドゥッツ広場と改名された
f0199449_6194048.jpg


5.レオポルド1世通り Leopold I-straat 

以前ブログで紹介したが
ベルギーの初代国王
ドイツ人だがロシアに仕官し元帥になる
イギリスで王女と結婚
死別後もイギリスで暮らす
オスマン帝国から独立したギリシャに国王就任を依頼されるが断る
しかし同時期オランダから独立したベルギーの国王就任要請をうけた
その後フランス国王の娘と再婚
f0199449_6203863.jpg


6.ヴェサリウス通り Vesaliusstraat

解剖学者で医師、現代人体解剖の創始者
16世紀にルーヴァン大学に入学、
一時パリ大学に移ったが
再びルーヴァンに戻り卒業
その後パドヴァ大学で博士号を取得
心臓は4つの室からなり、肝臓は2葉、
血管の始まりは肝臓ではなく心臓であることを発見
f0199449_6211947.jpg


ファブリカ(人体の構造)」を著す
f0199449_6214341.jpg


7.デーリック・バウツ通り Dieric Boutslaan 

オランダ ハールレムに生まれ、
画家としてルーヴェンを中心に活躍
ヤン・ファン・エイク、
ロヒール・ファン・デル・ウェイデンに影響を受ける
ボウツは北ヨーロッパで最初に
遠近法における消失点を表現した画家の一人
f0199449_6232680.jpg


シント・ペーター教会の『最後の晩餐』
f0199449_6245843.jpg


8.メルカトール歩道 Mercatorpad

16世紀のフランドル生まれ
ルーヴェン大学で学ぶ
メルカトル図法を考案
大航海時代時代の航海用の地図の画期的な発明
地図製作で異端を問われ、
数ヶ月のあいだ牢につながれた
f0199449_62436100.jpg


f0199449_6371074.jpg



[PR]
by totsutaki | 2010-09-17 06:26 | ルーヴェン
<< カヤック オランダ語授業始まる >>