個人的なランニング日誌です。生活や自然、歴史なども紹介いたします。
by totsutaki
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
ランニング
ルーヴェン
自転車
食べ物
暮らし
ベルギー
ビール
その他
未分類
以前の記事
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
お気に入りブログ
Be There Soon
淀川ランニングライフ
自省録
ライフログ
最新のトラックバック
検索
タグ
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


クレーラーミューラー美術館

【走った距離】  0km
【今月の累積距離】  207.84km
【天気】 雨 
【コース】
ランニング休足日
【コメント】
今日はオランダに絵画鑑賞旅行。
マラソン前にオランダのことを調べているうちに行きたくなり、
2周連続でオランダ旅行。
充実したゴッホのコレクションのクレーラーミューラー美術館と
フェルメールの傑作のあるマウリッツハイス美術館が目的地。
今回はオランダ国境の表示の写真がとれた。
f0199449_4403639.jpg

今日はまずクレーラーミューラー美術館。
デ・ホーヘ・フェルウェ国立公園という広大な森の中にある。
入り口。
美術館までの距離は5キロ。
貸し自転車で行く。
f0199449_4431456.jpg

貸し自転車置き場。
整備済みの白い自転車が置いてある。
好きなものを選ぶ。
ペダル逆こぎでブレーキをかけるタイプ。
f0199449_4435269.jpg

公園内風景。
f0199449_445266.jpg

f0199449_449464.jpg

20分ほど自転車に乗ると美術館が見えてくる。
f0199449_4584478.jpg

65点のゴッホの絵を鑑賞。
特に有名な作品は「星空のカフェテラス」と「アルルのはね橋」。
どちらも無造作に展示してあった。
f0199449_57276.jpg

f0199449_573337.jpg

ゴッホの作品の額縁を北欧家具のようなシンプルなものに統一していた。
ただし材質はいろいろ変えており、見かけ以上に凝っている。
「星空のカフェテラス」が最も見たかった作品。
ターフの黄色のグラデーションがすばらしい。
ガス灯のランタンが絵の具で盛り上がっている。
意外だったのは星や空が燃えていないこと。
MoMAで見た星空は星も空も燃えていた。
代表作の「星空のカフェテラス」も当然ゴッホ特有の
燃えるような筆使いで星空を描いていると思ったのだが、
穏やかな作風だった。
黄色のターフと青い夜空のコントラストがすばらしい。
星の絵の具も盛り上がっていた。
その他には「ローラン婦人」の緑と赤のコントラストがすばらしかった。
自殺直前の「糸杉と星の見える道」は星も月も空も燃えていた。

ゴッホ以外にはルドンの代表作がそろっていた。

美術館の外は野外彫刻展示場。
イサムノグチの作品。
f0199449_585374.jpg

今日の宿泊はフェルメールの故郷のデルフト。

デルフトに行く途中で19基の風車で有名なキンデルデイクに立ち寄る。
f0199449_593785.jpg


[PR]
by totsutaki | 2009-10-25 04:49 | その他
<< マウリッツハイス美術館 ヘッドライトが故障 >>