個人的なランニング日誌です。生活や自然、歴史なども紹介いたします。
by totsutaki
カテゴリ
全体
ランニング
ルーヴェン
自転車
食べ物
暮らし
ベルギー
ビール
その他
未分類
以前の記事
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
お気に入りブログ
Be There Soon
淀川ランニングライフ
自省録
ライフログ
最新のトラックバック
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

アンダルシア3 グラナダとルーヴェン

【走った距離】  6.33km
【今月の累積距離】  219.11km
【天気】 くもり
【気温】 最高 15℃、最低 7℃
【コース】
f0199449_5203451.jpg


【コメント】
昨日高速バスでセビーリアからグラナダに移動
今日(12/31)はコルドバ経由でセビーリアに戻った
ホテルのインターネットが改善したので昨日の内容を
アップします

グラナダをイスラム勢力から奪回した
イザベラ女王墓のある
グラナダ王国 王室礼拝堂には
ルーヴェンに関係の深いフランドル派の絵があった

祭壇画はルーヴェン出身の画家ディーンスト・ボウツ
f0199449_511962.jpg


イザベラ女王墓の隣にはロヒールのキリスト降架
f0199449_522789.jpg


実物はプラド美術館にあり、王室礼拝堂には複製が飾ってある
以前プラド美術館について書いたように
本来はルーヴェンの聖母教会にあった絵
ハプスブルク家(フィリッペ2世?)によって
ルーヴェンからここに移されたのだろう
グラナダとルーヴェンの深い関係を示している
また、この時代ルーヴェンも栄光の時代を迎えていたということを
物語っており興味深い

隣接するカテドラルは大きく荘厳
トレド大聖堂をまねている
f0199449_5744.jpg


アルハンブラ宮殿から見たカテドラル
f0199449_45379.jpg


イスタンブールのような香辛料と茶の露天商
街にはアラブの影響が残っている
f0199449_7374087.jpg


f0199449_7381326.jpg



[PR]
by totsutaki | 2010-12-31 06:42 | ランニング

アンダルシア2 イタリカ遺跡

【走った距離】  0km
【今月の累積距離】  212.78km
【天気】 晴れ 
【気温】 最高 19℃、最低 11℃
【コメント】
セビーリア郊外のイタリカ遺跡へ行く

ローマ帝国が作った都市は数多く見たが、
ウィーンやフィレンツェ、イスタンブールのように
ローマ時代の通りの配置が残っている都市はまだいい方で、
パリ、ロンドン、ケルン、トレド、ランスのように
発掘された遺跡しか残っていない都市がほとんどである
これらの都市は中世から現在まで都市として人口が集まったため
ローマ時代の痕跡はほとんど残っていない
ローマ時代に思いを馳せるのが難しい

イタリカは第2次ポエニ戦争中の紀元前3世紀末
スキピオ・アフリカヌスが退役軍人を入植させて建設した都市
5賢帝の中でも重要な2人、トライアヌスとハドリアヌスが
生まれ、育った重要な都市である
それにもかかわらず帝国崩壊後は放置された
このためローマ時代の街並がそのまま残っている
ローマを別にすれば、私が訪れた中では
最もローマ時代を偲びやすい遺跡である
f0199449_572054.jpg


f0199449_581463.jpg


ローマ時代の石畳の残る通り

今にも皮のサンダルの音とともに
街の喧騒が聞こえるようである
f0199449_5154229.jpg


闘技場
全景
f0199449_585989.jpg


剣闘士が他の剣闘士や猛獣と戦ったアリーナ
f0199449_510187.jpg


観客席の通路
f0199449_5103337.jpg


公衆浴場
f0199449_511435.jpg


円形劇場
f0199449_5113846.jpg


住居内の鳥のモザイク
f0199449_5122065.jpg


ローマ神のモザイク
f0199449_5125036.jpg


チュニカを着たローマ人が
闘技場で剣闘士の試合を楽しみ
午後は公衆浴場で1日の汗を流し、
円形劇場で芝居を楽しみ、
パティオのある家でくつろぐ姿がみえるようである

[PR]
by totsutaki | 2010-12-30 05:13 | その他

アンダルシア1 街路樹がオレンジ

【走った距離】  0km


【コメント】
雪のベルギーから初夏を思わせるスペイン セビーリアに移動
最も印象深いのはセビーリアでは
ほとんどの街路樹がオレンジであること
ちょうど今が実りの季節でどの樹もオレンジが鈴生り
知り合ったスペイン人に食べれるのかと聞くと、
食用ではないそう
確かにスーパーてオレンジが売っていた
f0199449_4484892.jpg


たまにレモンの街路樹もある
右がレモン、左がオレンジ
f0199449_4492937.jpg


街が美しい
大聖堂が荘厳
f0199449_452437.jpg


アルカサルが重厚
f0199449_4523640.jpg


詳細は後日報告します

[PR]
by totsutaki | 2010-12-29 03:36 | ランニング

ケルン3 聖ウルスラ教会

【走った距離】  5.8km
【今月の累積距離】  212.78km
【天気】 くもり
【気温】 最高 0℃、最低 -1℃
【コース】
会社まで最短
【コメント】
今回ケルンに行った目的のひとつがウルスラ教会に行くこと
昨年は見ることができなかった

聖ウルスラ教会
f0199449_2404832.jpg


この小さな教会が有名なのは聖女ウルスラと関係があるため

聖ウルスラ伝説

ウルスラはイギリスの王女
異教徒の総督と結婚するため、
1万1千人の処女の侍女たちとヨーロッパに向かった

結婚の前にウルスラは
ヨーロッパ全域の巡礼をすると宣言

各地を廻ってケルンにたどり着いたところ、
ケルンはフン族に包囲されていた

ウルスラはケルンに入城し、戦うが
フン族の首長に射殺され殉教した
従う処女たちも全員虐殺された

彼女らケルンに埋葬された

中世以来、実在の聖女と信じられ、
ウルスラ崇敬が盛んだった
荒唐無稽かつスペクタクルな内容のため
宗教画の題材として良く取り上げられている

この伝説は9世紀に作られたが、
13世紀にこの教会の周辺で
ウルスラの墓石が発見された

墓石は後になって、ウルスラという名の
八歳の少女のものであることが分かった

カトリック教会の典礼暦では
ウルスラの祝日は10月21日とされていたが、
実在の可能性が低いという理由から典礼暦から除外された

ウルスラ伝説が描かれた教会の門
f0199449_2474540.jpg


内部
f0199449_2485457.jpg


ウルスラ殉教の絵
f0199449_2493785.jpg


ウルスラにまつわる聖具
f0199449_250456.jpg


f0199449_251287.jpg



[PR]
by totsutaki | 2010-12-28 02:51 | その他

ケルン2 シャルルマーニュとビールの冬の旅

【走った距離】  33.98km
【今月の累積距離】  206.98km
【ペース】 平均 6'50"/km、 最高 5'47"/km
【天気】 くもり 
【気温】 最高 2℃、最低 -3℃
【体重】 66.7kg
【コース】
今日はルーヴェンの年末レース「コリーダ」で
12km走のはずだったが雪のため中止
代わりに雪野原を30kmランニング
本当は20km走るつもりだったがロータリーの出口を間違えて
遠回りしてしまった

その後会社を往復

青が今日のコース
f0199449_6414315.jpg


【コメント】
クリスマス旅行を急に思い立ちケルン、アーヘンへ
どちらも車でいったことがあるので2回目
クリスマスマーケットを目当てにしたが
ブリュッセルやブリュッヘと違い、
ドイツのクリスマスマーケットは12月23日で終了
目的をビールに変更
今回は電車なのでビールを思う存分飲める

ルーヴェンからリエージュ経由でケルンへ
電車の接続時間を利用して
リエージュの公園を散策

シャルル・マーニュ(カール大帝)像
f0199449_644384.jpg


日本語で大帝と訳され、英語ではザ・グレートとなる
「マーニュス」付きで呼ばれる人物は一般に3人
紀元前4世紀のアレクサンダー大王、
紀元後4世紀のコンスタンティヌス大帝、
この紀元後9世紀のシャルルマーニュ
コンスタンティヌスはコンスタンティノープルを建設し、
キリスト教を公認したローマ皇帝
シャルルマーニュは北方蛮族のフランク族の王
46年間の治世のあいだに53回の軍事遠征をおこない
イギリス、アイルランド、イベリア半島、イタリア南端部をのぞく
西ヨーロッパの統一を果たした

ローマ法王から神聖ローマ帝国の皇帝として帝冠を授けられた
神聖ローマ帝国とは暗黒の中世に、
キリスト教を旗印にかかげた強大な帝国を建設しようとした試み

ケルンではクリスマスイブのため3時以降ほとんどの店が閉まっていた
まず遅めの昼食にイタリアンレストランで
ハムとチーズをつまみにケルッシュを3杯のむ
ケルッシュ(Reissdorf)
f0199449_646161.jpg


ハムとチーズの盛り合わせが美味しい
若いパルミジャーノが山盛り
メニューにはイタリアンワインが並んでいた
これでソアーヴェやキャンティを飲めば美味しいだろうが
今日はケルッシュ
f0199449_6465254.jpg


夕食もほとんどの店が閉まっていたが
大聖堂近くのケルン料理の店を見つけ
ケルシュ4杯とソーセージの夕食

ケルッシュ(Gaffel)
f0199449_6481022.jpg


ソーセージ
f0199449_64849100.jpg


そこでロシア人カップルのパヴェルとカテリーナに会う
クリスマス休暇で西ヨーロッパ(ドイツ、ベルギー、オランダ)を旅行中

意気投合してバーに行く
12時にバーが閉まるまでケルシュ(Gilden)5杯を飲みながら
プーチン、レーニン、トルストイ、チャイコフスキーから
リュック・ベッソン、北野武まで
政治、経済、ビール、カメラ、文化など
時間を忘れて話す
ロシアの人と長時間話をしたのは初めてだが
仕事も暮らしも大変だが頑張っている姿がうかがえた
恐らく高度経済成長期の日本人も彼らのようだったのだろう
f0199449_6501023.jpg


その後アイリッシュバーで1時半ごろまで
さらに飲み続ける
Murphy's Irish Stout
Kilkenny Irish Cream Ale
Guinness
f0199449_6541863.jpg


二人と別れて大聖堂にいく
静謐な深夜の大聖堂
f0199449_702162.jpg


f0199449_71321.jpg


f0199449_721070.jpg


大聖堂ではクリスマスミサが行われていた
ドアが開いていたので
あつかましく参加させていただいた

荘厳である
f0199449_73964.jpg



翌日ランニング後アーヘンへ
アーヘンはケルンと同じくローマ帝国時代に町がつくられた
ローマ人たちは、この地を温泉保養地とした
中世にはシャルルマーニュが神聖ローマ帝国の王宮をおいた
シャルルマーニュも宮廷に大きな温泉プールを設けた
今でも温泉が湧いている
f0199449_7174466.jpg


アーヘン大聖堂
f0199449_7183291.jpg


シャルルマーニュが建設を始めた
見事な内装の宮廷礼拝堂
前回は修復作業中だったが
今回は修復がほぼ終わっていた
f0199449_720277.jpg


f0199449_7205652.jpg


シャルルマーニュ没後没後600年を記念して奉献された
ガラスの礼拝堂家のステンドグラス
f0199449_7213333.jpg


f0199449_7224330.jpg


宝物館のシャルルマーニュの胸像
f0199449_7431319.jpg


カフェやバーはほとんどしまっていたが
カフェでピルスナー(Bitburger Premium)を1杯のみ、
f0199449_7232194.jpg


イタリアンレストランで
ケルシュ(Gaffel)2杯とピルスナー(Konig Pilsener)を飲んだ
f0199449_724074.jpg


アーヘンからリエージュまではICE(ドイツの新幹線)に初めて乗った
雪のために1時間半遅れだったので、
駅のカフェでもう1杯ビール(Schoffenhorfer Weizen)を飲み
ミュンヘンを振り返る
f0199449_7253662.jpg



[PR]
by totsutaki | 2010-12-27 07:26 | ビール

ケルン1 ケルンのランニング

【走った距離】  12.55km
【今月の累積距離】  173.00km
【ペース】 平均 7'31"/km、 最高 6'31"/km
【天気】 くもり 
【気温】 最高 -3℃、最低 -7℃
【コース】
ケルンのランニング
f0199449_8254114.jpg


【コメント】
クリスマス旅行を急に思い立ちケルン、アーヘンへ
1年ぶりのケルンのランニング
今日はリングとライン川沿いを走る
ケルンにも城壁や城門がたくさん残っている
f0199449_8321957.jpg


ライン川からみた大聖堂
f0199449_836783.jpg


旧市街
f0199449_833138.jpg


路面が凍結していて滑りやすい
ペースを落として走る

凍結した池
f0199449_8335314.jpg


何とか転倒せずにランニングしたが
ホテルから駅に歩いているときに転んでしまった
ランニング中は集中しているので転倒しないが、
歩いているときは油断がある
転んだときにPCのディスプレイを破損し
画面の1/3が見えなくなった
自分が怪我をする身代わりになってくれた

[PR]
by totsutaki | 2010-12-26 08:34 | ランニング

ホワイトクリスマス

【走った距離】  0km
【今月の累積距離】  160.45km
【天気】 雪 
【気温】 最高 1℃、最低 -5℃
【コース】
早朝移動のためランニングなし
【コメント】
アパートから見た雪の夜景

KUルーヴェン大学本部方面
手前の明かりのついた窓がディスコ
f0199449_1153970.jpg


聖母教会方面
f0199449_1155772.jpg


ブリュッセル街道
センター方面
f0199449_1162813.jpg


リング方面
f0199449_117563.jpg



[PR]
by totsutaki | 2010-12-25 01:17 | ルーヴェン

NIKE+

【走った距離】  5.8km
【今月の累積距離】  160.45km
【天気】 くもりのち雪 
【気温】 最高 1℃、最低 -2℃
【体重】 67.2kg
【コース】
会社まで最短
【コメント】
以前書いたようにPolarRS400を9月に紛失

GPSで位置計測するGarminFR205は使えるが、
衛星の位置を補足するのに約10分必要
出社前の寒い時間に10分間待つのは辛いので
休日のみ計測している

普段の計測用にRS400を
買いなおそうかと思案していたところ
今度はi-pod shuffleを
スーパーマーケットのかごに置き忘れた

そこでi-pod NANOを買い、
NIKE+で距離計測することにした
靴はNIKEではないので
センサーフォルダーを使用
(ナイキさんごめんなさい)
f0199449_674596.jpg


ゲルカヤノに装着したところ
Polarのフッドポッドよりも
小さく、軽く快適
f0199449_682426.jpg


i-podの画面
f0199449_691066.jpg


使ってみた感想は
予想したよりもはるかに面白い
走行距離と1キロごとのペースが
アニメーションで表示される
f0199449_693754.jpg


日々の距離トレンドもでる
f0199449_610076.jpg


積算距離に応じて画面の色が変わる
50kmまで   イエロー
250kmまで  オレンジ
1000kmまで グリーン
2500kmまで ブルー
5000kmまで パープル
5000km以上 ブラック

最高ペースをマークすると
有名アスリートのビデオメッセージが出る
これはアリソン・フェリックス
f0199449_610378.jpg


他にも機能があるようだが、
特にビギナーがモーティベーションを持続できるような
心配りがなされている

こんな機能がi-podをもっていたら3000円で買えるのだから
Polarは大変だ

肝心の計測精度をGarminFR205と比較したところ、
実際の距離よりも計測距離の方が8%長い
ナイキの靴を履いていないので文句は言えない
校正後の距離を記録している

面白いことに雪の上を走ると誤差が33%と大きくなる
雪上では33-8=25%のトラクションロスが
あることを示している
つまり雪の上や氷の上をはしるとスリップして
足を動かした距離の3/4しか前に進まないということである

[PR]
by totsutaki | 2010-12-24 06:10 | ランニング

クリスマスメニュー

【走った距離】  5.8km
【今月の累積距離】  154.65km
【天気】 くもり 
【気温】 最高 2℃、最低 -1℃
【コース】
会社まで最短
【コメント】
昨日の昼ごはんはクリスマスメニュー

ミートボール入りトマトクリームスープ
雉のメダリオン
チコリのベーク
洋ナシのベーク チェリーソース
サラダバー
クリスマスケーキ

f0199449_7321077.jpg


後はルーヴェンのクリスマス風景
フローテマルクト(大広場)
f0199449_733534.jpg


アウデマルクト(旧広場)
f0199449_1340312.jpg


フォーシュ広場
f0199449_13441718.jpg


ボンノヘノーテンラーン(連合軍通り)
f0199449_1345149.jpg


ナミュール街道
f0199449_13453977.jpg



[PR]
by totsutaki | 2010-12-23 07:34 | ルーヴェン

生牡蠣

【走った距離】  5.13km
【今月の累積距離】  147.5km
【天気】 くもり 
【気温】 最高 3℃、最低 1℃
【体重】 67.0kg
【コース】
会社まで最短
【コメント】
今年初めての自宅で食べる牡蠣
f0199449_7504394.jpg


f0199449_7511690.jpg


去年は殻を剥くのに苦労したが
今年は簡単
ナイフを差込み、貝柱を切り、蓋を開ける
f0199449_7521176.jpg


f0199449_7524033.jpg


フランス シャラント=マリティーム県産の牡蠣
今日が賞味期限のため特価だったが
それでも20ユーロ
身が大きくしかも味が濃い
絶品
f0199449_753182.jpg


ワインは若いシャブリ
Chablis Laroche 2009
切れの良い辛口
牡蠣とよく合う
f0199449_7535432.jpg



[PR]
by totsutaki | 2010-12-22 07:54 | 食べ物