個人的なランニング日誌です。生活や自然、歴史なども紹介いたします。
by totsutaki
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ランニング
ルーヴェン
自転車
食べ物
暮らし
ベルギー
ビール
その他
未分類
以前の記事
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
お気に入りブログ
Be There Soon
淀川ランニングライフ
自省録
ライフログ
最新のトラックバック
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:食べ物( 58 )

さよなら La vecchia Napoli


【コメント】
アパートのそばの太鼓腹通り(Pensstraat)にある
La vecchia Napoli(昔のナポリ)のマルガリータを食べる

今日は土曜日で注文が多く1時間待ち
f0199449_6243368.jpg


マスター

ピザ生地を延ばし、
ソースを塗り、
トッピングを並べ
次々と焼いていく

来週日本に帰るので今日が最後の注文だと告げると
ビール(ユピテル)を振舞ってくれた
f0199449_6241251.jpg


f0199449_6253192.jpg


ここのピッツァはトッピングの種類がたくさんある
いろいろ試したがフルーティなトマトソースが味わえる
シンプルなマルガリータが一番美味しい
トッピングをするとトマトソースとけんかになってしまう

おそらく日本に帰って最も恋しくなるルーヴェンの味
f0199449_6285638.jpg



[PR]
by totsutaki | 2011-03-27 06:29 | 食べ物

赴任中に作った料理

【走った距離】  0km
【今月の累積距離】  75.305km
【天気】  くもり
【気温】 最高 14℃、最低 7℃
【コース】
風邪気味のため自重
【コメント】
2年間の赴任中にアパートで食べた料理
簡単に出来るものばかり

ウィットローフ
f0199449_5594919.jpg


ソーセージ
f0199449_60231.jpg


ラーメン
f0199449_601740.jpg


ざるそば
f0199449_603165.jpg


豚ばら肉ステーキ
f0199449_604652.jpg


冷やしうどん
f0199449_61643.jpg


カルパッチョ
f0199449_61257.jpg


パスタ
f0199449_614118.jpg


シャンピニオン・ア・ラ・プランチャ
f0199449_6159100.jpg


チーズサラダ
f0199449_621812.jpg


シャンピニオン・セゴビア風
f0199449_624117.jpg


パテ
f0199449_62587.jpg


ムール貝の白ワイン蒸し
f0199449_631132.jpg


フィレミニヨン
f0199449_632680.jpg


シャンピニヨン・アル・アヒーリョ
f0199449_64348.jpg


サーモンのバターソテー
f0199449_641780.jpg


ハムサラダ
f0199449_643017.jpg


鰻蒲焼
レンジで温めただけ
f0199449_644514.jpg


ソーセージとキャベツの白ワイン煮
f0199449_65282.jpg


ムール貝の白ワイン蒸し
電子レンジ版
f0199449_651970.jpg


生牡蠣
f0199449_653720.jpg


メルゲーズ
モロッコの羊のソーセージ
f0199449_655549.jpg


コルドンブルー
チーズカツ
f0199449_661294.jpg


ソーセージ
f0199449_663664.jpg


ホタテのバターソテー
f0199449_665027.jpg


シュニッツェル
とんかつ
f0199449_67425.jpg


ホワイトアスパラガス
f0199449_671659.jpg


トゥールーズ・ソーセージ
f0199449_672881.jpg


仔牛肉のハンバーグ
f0199449_674418.jpg


ポークソテー
f0199449_675973.jpg


豚ばら肉BBQソース
f0199449_681630.jpg


ミートボール
軟骨が入っていて美味しい
f0199449_682852.jpg


カレーうどん
f0199449_684946.jpg


カツカレー
f0199449_69523.jpg


ハム
f0199449_692160.jpg


ハム
f0199449_693798.jpg


茶そば
f0199449_695636.jpg


生ハム
f0199449_6101140.jpg


ミートボールのチェリーソース
f0199449_6102740.jpg


トルティーリャ・エスパーニャ
f0199449_6104021.jpg


卵トマトサラダ
f0199449_6105356.jpg


野菜炒め
f0199449_61153.jpg


トマトサラダ
f0199449_6111766.jpg



[PR]
by totsutaki | 2011-03-15 06:11 | 食べ物

バルセロナのバル

【走った距離】  5.83km
【今月の累積距離】  60.165km
【天気】 くもり時々雨 
【気温】 最高 8℃、最低 3℃
【コース】
会社まで最短
【コメント】
バルセロナ旅行では
「地球の歩き方」を持っていくのを忘れた

空港から街までの行き方、
バス停留所からホテルまでの行き方、
地下鉄の乗り方、
観光地、
レストラン
すべて手探り
ガイドブックのありがたさがよく分かった

ホテルまでの行き方は
運よく空港バスの中で出会った日本から来られたランナーの方に
教えていただいた

食事はガイドブックがないのでホテルで教えてもらった
近くのバルに行った

セルベセリア・カタラナと
シウダード コンダル

店の雰囲気は全く違うが経営者は同じ
それぞれバルセロナのレストラン2894件中10位と19位
人気が高く、いつも込んでいる

セルベセリア・カタラナ

おしゃれな店だが店員はクール
f0199449_7214594.jpg


アンチョビ
f0199449_7221689.jpg


ボケロネス・エン・ビナグレ(かたくち鰯の酢漬け)
f0199449_7225082.jpg


シウダード コンダル
f0199449_7231714.jpg


活気があり店員は陽気
こちらの方が気に入った
f0199449_7235322.jpg


すし屋のようにカウンターの冷蔵ケースに生のネタがあり
注文すると調理してくれる
f0199449_7242625.jpg


マテ貝のグリル
美味しいが砂があったのが残念
f0199449_7245850.jpg


チョビートス・フリートス(ホタルイカのフリート)
f0199449_7252418.jpg


かたくち鰯のフリート
f0199449_726849.jpg


小魚のフリート
f0199449_726485.jpg


タラのフライ
f0199449_7271343.jpg


アーティチョークのグリル
f0199449_7275220.jpg


ベビーモンゴウイカのグリル
f0199449_7281897.jpg


パン・コン・トマテ
f0199449_6563899.jpg


バルセロナ編はこれで終了
f0199449_7261875.jpg



[PR]
by totsutaki | 2011-03-10 06:56 | 食べ物

セネガル料理、イタリア料理

【走った距離】  0km
【今月の累積距離】  5.81km
【天気】 晴れ 
【気温】 最高 11℃、最低 2℃
【コース】
クルマで出社のためランニングなし
【コメント】
そろそろ送別会モード

セネガル人のヨセフが家に招待してくれた
ナポリ人のアントニオも一緒にホストをしてくれた

前菜はイタリアン
アントニオの実家の自家製サラミ 
家で飼っている豚で作った
豚の他にも鶏、アヒル、鵞鳥、うさぎを食用に飼っているそう
カメラを向けるとこのポーズ
さすがナポリ
f0199449_511459.jpg


チーズはペコリーノカンパーノ
ナポリに行かないと買えない
f0199449_512939.jpg


ワインはイタリアンではなく
コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ・ヴィサン
グルナッシュ80%とシラー20%
11年もの
開けた後ワインが落ち着くのを待ってから飲む
ジゴンダスのようなスパイシーな味わいを予想したが
以外にも甘く柔らかい
f0199449_5133366.jpg


メインはセネガル料理
チェプ(TCHEP)という炊き込みご飯と
カレーのようなソース、
チキンと野菜のバーベキュー
f0199449_513526.jpg


f0199449_5141123.jpg


いただきます
f0199449_5143650.jpg



[PR]
by totsutaki | 2011-03-03 05:14 | 食べ物

ナポリの食事

【走った距離】  5.75km
【今月の累積距離】  116.32km
【天気】 くもり 
【気温】 最高 8℃、最低 3℃
【体重】  67.3kg
【コース】
会社まで最短
【コメント】
夕食はナポリのミミ・アッラ・フェッローヴィア
トリップアドバイザーの評価は347件中148位と厳しいが
非常に美味しかった
イタリアははずれが少ない
f0199449_5214795.jpg


ワインはドライなカンパニアの白をオーダー
ネットで調べても出てこないが美味しかった
f0199449_5221061.jpg


海の幸のアンティパスタ
蛸と烏賊が美味しい
f0199449_5222913.jpg


トマトソースのスパゲッティ
アルデンテ
ナポリにはナポリタンはない
f0199449_5231712.jpg


シーフードフリット
ローマのフリットも美味しかったがこれも美味しい
f0199449_5243087.jpg


昼食はピッツァ マルガリータ

トリアノン ダ チーロ
f0199449_5245679.jpg


f0199449_5251460.jpg


ピッツァは18世紀にナポリで誕生した

ナポリピッツァの代表がマルゲリータ
モッツァレッラ、バジル、トマトソース
イタリア国旗の赤・白・緑を表現
シンプルな味わいだが美味しい
f0199449_5253943.jpg


ホテルの朝食
クロワッサンではなくナポリの焼き菓子スフォリアテッレ
カスタードクリームが入っている
f0199449_52673.jpg


ナポリ編終了
f0199449_5262389.jpg



[PR]
by totsutaki | 2011-02-16 05:26 | 食べ物

手抜き料理

【走った距離】  5.48km
【今月の累積距離】  82.67km
【天気】 雨 
【気温】 最高 12℃、最低 8℃
【体重】 77.6kg
【コース】
会社まで最短
【コメント】
寛平さんがアースマラソン後21日間連続で働き、
明日初めて休みをとる
帰国後は会社に恩返しはせなあかんと示してくれる

時間がないときの手抜き料理

ラーメンと卵、スープ用の野菜
f0199449_6242799.jpg


まずラーメンを茹でる
(これはタイのビーフン)
f0199449_6244837.jpg


茹でたラーメンを鉢にとり
f0199449_6251694.jpg


予め電子レンジで加熱した野菜を
ラーメンのスープに入れて茹でる
f0199449_6254396.jpg


ラーメンの上に野菜、卵焼きを載せてスープを掛ければ、
5分でタイ風天津麺のできあがり
f0199449_6271260.jpg


こちらは昼ごはんのインド・ネパール料理
インド系シンガポール人のサラが取り寄せてくれた
辛いが美味しい
f0199449_627493.jpg



[PR]
by totsutaki | 2011-02-12 06:28 | 食べ物

パリの夕食

【走った距離】  5.7km
【今月の累積距離】  57.25km
【天気】 快晴 
【気温】 最高 10℃、最低 3℃
【体重】 67.2kg
【コース】
会社まで最短
【コメント】
夕食は2日ともテルミニュス・デュ・ノール
前回美味しかったし、雰囲気も良かったので
愛想のよいメートル・ド・テル、きびきびとサーブするギャルソン
「ベル・エキップ」のような雰囲気
f0199449_6121947.jpg


f0199449_6125914.jpg


1日目はエスカルゴとブイヤベース・マルセイユ風
ワインはムスカデ
f0199449_6252065.jpg


エスカルゴ
f0199449_6134210.jpg


ブイヤベース
f0199449_6141410.jpg


スープ・ド・ポワソン(魚のスープ)を上から掛けてくれる
f0199449_6144454.jpg


クルトンとチーズと知らないソース
f0199449_6152390.jpg


デザートはクレームブリュレ
f0199449_617837.jpg


2日目はタリスに乗る前に
シーフードプレート 「牡蠣売りのプレート」
ワインはサンセール
f0199449_626213.jpg


牡蠣は及第点
螺貝はエスカルゴよりも美味しかった
生のスペイン産ムール貝は貝用のソースをつけると美味しい
f0199449_6174531.jpg


さようならパリ
f0199449_6195039.jpg



[PR]
by totsutaki | 2011-02-09 06:19 | 食べ物

ワイン・ビール会

【走った距離】  0km
【今月の累積距離】  30.35km
【天気】 くもり(パリ) 
【気温】 最高 12℃、最低 2℃
【コース】
パリ旅行のためランニングなし
【コメント】
アパートで豪華なワイン・ビール会

シャンパーニュ
ドラピエ・ミレジメ・エクセプション2004


通常シャンパンは味を安定させるため
複数の収穫年のワインをブレンドする
ワインの出来の良かった年のみ
その年のワインで構成される
ヴィンテージ・シャンパンが作られ、
Millesime(ミレジメ)と呼ばれる

決して甘い酒ではない
雑念を克服した修行のような厳しさを連想させる
ドライなシャンパン
f0199449_713835.jpg


白ワイン
ボノー・デュ・マルトレイ コルトン=シャルルマーニュ グラン・クリュ


シャルルマーニュは赤ワインを好み、
赤ワインばかり作らせていたが、
彼の妃が大帝の白い髭が赤ワインを飲むために汚れるのを嫌って、
大帝に髭が汚れず威厳が保てる白ワインを飲むように勧めた
これがコルトンシャルルマーニュ誕生のきっかけ
大帝は775年にコルトンのブドウ畑を教会に寄進した
フランス革命以降所有者が変わったが、
ボノー・デュ・マルトレイ家が19世紀末に買取った

コルトン・シャルルマーニュの作り手は二十社以上あるが
ボノー・デュ・マルトレイはブルゴーニュの生産者の中で唯一
特級畑だけを所有している
西向きの急斜面、粘土が全く無い石灰質の土壌
ミネラルと鋼のような力強さを備える
ワインの色は黄金色、ヘーゼルナッツと洋梨の香り
重厚、複雑かつ優美な味わい
f0199449_714610.jpg


ビール
ウェスト・フレーテレン ブロンド


市販されていない幻のベルギービール
ウェスト・フレーテレンにはラベルはない
オルヴァルに似た香り、味わいだが、
オルヴァルよりもスパイシー&ビター
美味しい
f0199449_7143690.jpg


f0199449_717153.jpg



[PR]
by totsutaki | 2011-02-06 07:17 | 食べ物

アンダルシア9 アンダルシアの食事

【走った距離】  5.8km
【今月の累積距離】  33.14km
【天気】 晴れ 
【気温】 最高 2℃、最低 0℃
【体重】 65.9kg
【コース】
会社まで最短
【コメント】
今回のアンダルシア旅行で食べた料理

1日目 セビリア
昼食

バル ゴンザロ
f0199449_6355129.jpg


タパス
チピロネス・エン・ス・ティンタ(イカ墨)
f0199449_6374416.jpg


モルシージャ 
ベルギーの黒ブータンと同じような豚の血入りソーセージ
ただしこちらは米や野菜が入り、
スパイスで生臭さが消されている
f0199449_6381285.jpg


腎臓のシェリー酒煮込み 
少し癖がある
f0199449_6392698.jpg


夕食

キオスコ・デ・ラス・フローレス
創業70年の老舗
セビリア名物ペスカードス・フリートス(魚のフライ)の専門店
盛り合わせを食べる
川沿いのテラスはさすがにセビリアでも寒かった
Marques de Caceres リオハの白ワイン 
すっきりした辛口 魚料理に合う
f0199449_6404269.jpg


2日目 

昼食 セビリア

バスステーションのバル

パタタス・アリオリ(ポテトサラダ)
シーフードサラダ
ビール
f0199449_6411956.jpg


夕食 グラナダ

タベルナ・サリナス
ホテルで美味しいレストランを教えてもらう
確かに美味しかった
f0199449_642980.jpg


f0199449_6423625.jpg


満席だったためテーブルが空くまで
バルで赤ワインを飲み、タパスを食べながら待つ
f0199449_6425595.jpg


ハモン・セラーノ 
グラナダ産生ハム
カルフールのハモン・セラーノとは別物
美味しい
f0199449_6432074.jpg


ラボ・デ・トロ 
雄牛(トロ)のテイル(ラボ)シチュー
コルドバの名物料理だが、
コルドバではゆっくりと食べる時間がないので
グラナダで食べた
柔らかい肉とゼラチン質は焼肉店のテイルスープと同じ
それを赤ワインで煮込んでいる
美味しい
f0199449_6434282.jpg


ワインはMUNANA グラナダ産の赤ワイン
香りはあまりないが、渋み、酸味のバランスがとれ、
しっかりとしている

3日目 グラナダ

昼食 アルハンブラ

時間がないのでパス
ただしアルハンブラ宮殿でビールは飲んだ
アルハンブラビール
f0199449_6441858.jpg


アグイラビール(銀鷲旗ビール)
銀鷲旗とは古代ローマ軍の軍団旗
古代ローマファンとしては飲まずに居れません
f0199449_6445712.jpg


夕食

2日目と同じくタベルナ・サリナス
2日連続で行ったら、ウェイターが気に入ってくれた

前日は肉料理だったので今日は魚

アフマド 
魚の燻製盛り合わせ
マグロ、タラの燻製は初めて
そのままで食べると少し塩味が強いが
甘酢味のソースをつけると美味しい
f0199449_6453639.jpg


ラペ エン サルサ ベルデ
あんこう(ラペ )のグリーンソース煮
アンコウのムニエルを魚貝スープでサッと煮立てた料理
美味しい
鳥肌立った
f0199449_6455835.jpg


ワイン リオハの赤ワインIZADI 美味しかったが魚には合わない
グラナダの白ワインCalvente Blanco 少し甘かった

4日目 大晦日

昼食 コルドバ

ロス・パティオス
f0199449_6471131.jpg


時間がないので
パエーリアとビール
f0199449_6473975.jpg


夕食 セビリア

1日目と同じ バル ゴンザロ

大晦日で閉店している店が多く
どの店も客があふれていたが運よくカウンターが確保できた

えびの塩茹で
f0199449_6481297.jpg


pulpo a la gallega'. 「タコのガリシア風」
茹でたタコとジャガイモをチリとパブリカで食べるタパス
f0199449_6483128.jpg


ワイン リオハの白ワイン 少し甘い

5日目 元旦 セビリア

昼食

ロブレス

ラボ・デ・トロ 
グラナダでも食べたがセビリアの闘牛場ツアーで
闘牛が見事だったら闘牛士はトロフィーとして牛の片耳をもらい、
さらに感動的だったらもう一方の耳をもらう
さらに卓越していたら牛の尾をもらうが、
ここ数十年尻尾を贈られた闘牛士はいないという話を聴き、
もう一度食べたくなった
f0199449_649447.jpg


ワイン
リオハの赤ワイン Montecillo
フランス人夫婦と新年の乾杯

夕食

昼食が美味しかったので
もう一度ロブレスに行く
ところが夜は予約しないとだめ
マドリードやボルドーと同じ
同系列のロブレス・タパスに行く
f0199449_6494911.jpg


冷たいタパス3種
サルビコン・デ・マリスコス(シーフードマリネ)
えび入りパタタス・アリオリ(ポテトサラダ)
アーティーチョークとスモークサーモン
f0199449_6501669.jpg


温かいタパス3種
イベリコ豚のソテー
マグロほほ肉のソテー
キノコのセゴビア風
キノコはベルギーでよくつくるメニュー
本場の味は隠し味が多く少し複雑
f0199449_6504454.jpg


ワインは昼と同じMontecillo

番外編

コルドバのアルカサルで収穫された?オレンジ
少し皮が厚く、水っぽく、酸っぱいが十分に美味しい
マーマレードには最適ではないか
グラナダのレストランで同席したスペイン人のマリアンに
なぜ街路樹のオレンジを食べないのかと尋ねたら
排気ガスや粉塵を浴びて有毒だからと言う説明だった
日本の近郊野菜や家庭菜園よりも安全に思えた
f0199449_6513758.jpg



アンダルシア編はこれで終了
f0199449_6521972.jpg



[PR]
by totsutaki | 2011-01-06 06:52 | 食べ物

生牡蠣

【走った距離】  5.13km
【今月の累積距離】  147.5km
【天気】 くもり 
【気温】 最高 3℃、最低 1℃
【体重】 67.0kg
【コース】
会社まで最短
【コメント】
今年初めての自宅で食べる牡蠣
f0199449_7504394.jpg


f0199449_7511690.jpg


去年は殻を剥くのに苦労したが
今年は簡単
ナイフを差込み、貝柱を切り、蓋を開ける
f0199449_7521176.jpg


f0199449_7524033.jpg


フランス シャラント=マリティーム県産の牡蠣
今日が賞味期限のため特価だったが
それでも20ユーロ
身が大きくしかも味が濃い
絶品
f0199449_753182.jpg


ワインは若いシャブリ
Chablis Laroche 2009
切れの良い辛口
牡蠣とよく合う
f0199449_7535432.jpg



[PR]
by totsutaki | 2010-12-22 07:54 | 食べ物