個人的なランニング日誌です。生活や自然、歴史なども紹介いたします。
by totsutaki
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
ランニング
ルーヴェン
自転車
食べ物
暮らし
ベルギー
ビール
その他
未分類
以前の記事
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
お気に入りブログ
Be There Soon
淀川ランニングライフ
自省録
ライフログ
最新のトラックバック
検索
タグ
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ヨーロッパ


【コメント】
2年間滞在して自分なりに理解したヨーロッパ

 都市の栄枯盛衰

  ヨーロッパは国の集合体というよりは
  都市の集合体
  各都市が貿易、毛織物、金融などの産業で
  繁栄した過去を持つ
  パリ、ロンドンのように
  いまだに繁栄している都市でも、
  ブリュッヘ、グラナダのように
  栄光の日々は過ぎ去った都市でも
  富の象徴として建てられた大聖堂や宮殿が
  セミの抜け殻のように各都市に残る
   
 抗争、侵略の歴史

  ヨーロッパは民族大移動、宗教対立、
  大国間、王家間の覇権争い、階級闘争など、
  古代ローマ時代以来対立、抗争が繰り返された
  多くの都市が侵略された経験ばかりでなく
  侵略した歴史を持つ
  被害をもたらした相手、被害を及ぼした相手に対する
  戦後の付き合い方を双方が知っている

 言語

  単一言語を話し、外国語が不得意な日本人にとっては
  言葉の壁は大きいように思えるが、
  ヨーロッパ人にはそれほど大きな障壁には
  なっていないように見える
  2時間もドライブすれば、オランダ語、フランス語、
  ドイツ語と移り変わる言語圏
  道ひとつ隔ててオランダ語とフランス語に分かれる村
  相手に合わせ、フランス語、オランダ語、英語を
  次々と使い分ける人々
  国際結婚をしている人も多いが、
  この場合は旦那さんと奥さんのどちらかが
  パートナーの母国語を話すか、
  お互いが話せる英語を使っているようである

 貨幣

  生活、文化、言語の多様性は尊重するが
  EU内では移動は自由
  関税を撤廃し、貨幣をユーロに統一している
  ユーロの紙幣は共通だが
  コインは各国でデザインが違う

  ベルギー
f0199449_17284274.jpg


  オランダ
   ベアトリクス女王
f0199449_17295919.jpg


  ドイツ
   ブランデンブルグ門
f0199449_17315426.jpg


  フランス
f0199449_17425238.jpg


  イタリア
   ダ・ヴィンチ
   ダンテ
   ボッティチェッリなど
f0199449_17331880.jpg


  スペイン
   セルバンテスなど
f0199449_17351961.jpg


  オーストリア
   モーツァルト
   セセッション
   エーデルワイス
f0199449_1737839.jpg



[PR]
by totsutaki | 2011-03-29 17:38 | その他
<< ありがとうございました 2年間のランニング総計 >>