個人的なランニング日誌です。生活や自然、歴史なども紹介いたします。
by totsutaki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
ランニング
ルーヴェン
自転車
食べ物
暮らし
ベルギー
ビール
その他
未分類
以前の記事
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
お気に入りブログ
Be There Soon
淀川ランニングライフ
自省録
ライフログ
最新のトラックバック
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ケルン3 聖ウルスラ教会

【走った距離】  5.8km
【今月の累積距離】  212.78km
【天気】 くもり
【気温】 最高 0℃、最低 -1℃
【コース】
会社まで最短
【コメント】
今回ケルンに行った目的のひとつがウルスラ教会に行くこと
昨年は見ることができなかった

聖ウルスラ教会
f0199449_2404832.jpg


この小さな教会が有名なのは聖女ウルスラと関係があるため

聖ウルスラ伝説

ウルスラはイギリスの王女
異教徒の総督と結婚するため、
1万1千人の処女の侍女たちとヨーロッパに向かった

結婚の前にウルスラは
ヨーロッパ全域の巡礼をすると宣言

各地を廻ってケルンにたどり着いたところ、
ケルンはフン族に包囲されていた

ウルスラはケルンに入城し、戦うが
フン族の首長に射殺され殉教した
従う処女たちも全員虐殺された

彼女らケルンに埋葬された

中世以来、実在の聖女と信じられ、
ウルスラ崇敬が盛んだった
荒唐無稽かつスペクタクルな内容のため
宗教画の題材として良く取り上げられている

この伝説は9世紀に作られたが、
13世紀にこの教会の周辺で
ウルスラの墓石が発見された

墓石は後になって、ウルスラという名の
八歳の少女のものであることが分かった

カトリック教会の典礼暦では
ウルスラの祝日は10月21日とされていたが、
実在の可能性が低いという理由から典礼暦から除外された

ウルスラ伝説が描かれた教会の門
f0199449_2474540.jpg


内部
f0199449_2485457.jpg


ウルスラ殉教の絵
f0199449_2493785.jpg


ウルスラにまつわる聖具
f0199449_250456.jpg


f0199449_251287.jpg



[PR]
by totsutaki | 2010-12-28 02:51 | その他
<< アンダルシア1 街路樹がオレンジ ケルン2 シャルルマーニュとビ... >>